堀 博美のSHLグローバルニュース

このコーナーは、イギリスのSHLグループが配信している「SHL Global Newsletter」やHPから記事をピックアップ、日本語に翻訳してご紹介するものです。

今回は特例として日本SHL発のニュースをお届けします。

第33回 客観採点式インバスケットテストの開発と妥当性検証(学会発表報告)

弊社はここ3年間、OPQの優位性について日本心理学会で発表してきました。日本心理学会は日本最大規模の心理学の総合学会であり幅広い分野の研究者が集まりますが、反面、参加者の関心が広すぎてテーマを掘り下げることがしにくいというデメリットがあります。今年は発表の場を産業・組織心理学会に移しました。口頭発表の後、参加者との質疑応答も活発に行われ、専門学会ならではの手ごたえが感じられたことが収穫です。

大会全体のプログラムは研究発表50件、シンポジウム4件。参加者数は約200名だったそうです。産業・組織心理学会の会員数は約1000名ですから、青森という場所を考えるとこの分野の研究活動の活発さが伺えます。

文責:堀 博美

(© SHL. Translated by the kind permission of SHL Group Ltd. All rights reserved)

バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

学会発表論文