アセスメントに関するFAQ

アセスメントに関して、お客様から寄せられたさまざまな疑問に、各種勉強会の講師が回答させていただきます。

5032019/10/16 アナログ

アナログ的な人物鑑定をする上でのコツのようなものがあれば教えてください。

人相でも筆跡でも、パッと見た時の全体の印象を最優先してください。客観評価のように、要素に分けて細かな部分を分析するのはその後になります。また、平均からのずれを意識してください。典型的なタイプからずれた特徴的な部分にのみ目を向けるだけで、8割は判断が終了します。客観的評価をする場合は、まずは要素に分けて見て、得られた情報を統合して重複する部分をその人の個性とみなしますが、アナログ的な評価をする場合は、まずは全体を見て大まかなタイプに分類した後に、典型的なタイプをベースとしつつも、そこから逸脱した部分を個性とみなすのがコツかと思います。それぞれまったく別のアプローチをとるので、意図的な頭の切り替えが重要です。「混ぜるな危険」ですね。

文責:藤原明香

5022019/10/09 その他

部下の適性検査の結果を、本人にフィードバックしなければなりません。どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

気を付けるべきポイントは複数ありますが、重要な点のみをお伝えします。

  1. できる限り素早く
    適性検査の結果に限らず、時間をおいてからのフィードバックは本人の記憶も薄れているため、効果があまり期待できません。
  2. データから逸脱せずに
    思い込みや主観を排除し、データで示されたこと以上のことに言及しないようにしてください。データを正しく解釈するためには、事前にトレーニングを受ける必要があります。
  3. 機密性に配慮する
    相手と信頼関係を構築して本音を語ってもらうためには、機密性の確保が重要です。そのためにも、フィードバックの目的、得られた情報の開示範囲、周囲の環境などにも配慮し、不安を取り除いた上で実施してください。

文責:藤原明香

5012019/10/02 面接

2次選考以降の面接を事業部長、役員クラスが行っているが、判断が人に依存し過ぎていると感じる。しかし面接官に伝えても「判断がずれることの何が悪いのか。みんな同じでは金太郎飴ではないか」と返されてしまった。どのように説得するべきか。

企業の採用場面で説明しても、なかなか理解されにくいかもしれないので、全く異なる分野の採用事例を出してはいかがでしょうか。例えばプロ野球を例に挙げると、さまざまな球団に個性あふれる選手達がいますが、50メートルを10秒台で走る選手はいますか?遠投が50メートルにも届かない選手はいますか?早期戦力化を念頭に置いた場合、満たすべき必要条件があるのです。個性の見極めや多様性の考慮はそこを満たしてからと考えます。同じように、企業における採用活動でも、どの部署でも必要とされる条件があるはずです。挙げた条件の納得感が高ければ、異論は出ないものと思います。

文責:藤原明香

面接 カテゴリのセミナー: 面接官セミナー新卒基礎編中途基礎編

5002019/09/25 グループ討議

当社では初期選考でグループ討議を実施しております。次年度は採用基準に「面白い発想をする人材」を盛り込みたいと考えていますが、グループ討議でそのような人を見抜くことは可能でしょうか?

「面白い発想」という観点は、人の思考力に関する評価です。グループ討議で、人の思考力に関する評価を行うことは難しいです。理由は、発言をしないと評価ができないためです。内に面白い発想を秘めていても、発言のタイミングを逸することで発揮できない可能性が高いです。

思考力に関する評価を行う場合、他者の影響を受けない環境で発揮させることが重要です。例えば、「面白い発想ができるか」という点を評価したい場合、グループ討議を行う前に自分のアイデアを紙に書いてもらい、それも評価の対象にするということが大切です。この形式で実施することで、グループ討議での発言の多寡に影響を受けずに評価をすることができます。

文責:小松弓恵

グループ討議 カテゴリのセミナー: グループ討議セミナー

4992019/09/18 その他

新卒採用を実施する意義は何でしょうか。外資企業の傘下に入り、新卒採用文化の無い外国籍社長にその意義を説明する必要があります。

新卒採用の意義という点で、大きく2つの観点があります。
1点目は、伸びしろに期待できるためです。仕事に関するスキルや経験が身についていない、逆にいえばあらゆることを吸収できるポテンシャルのある状態で入社させることにより、組織にとってより力を入れたい仕事に従事させたり、ジェネラリストとして育てたりすることができます。

もう1点目は、自社の組織風土にあうように育てやすいということです。新卒採用は、どの組織にも染まっていない状態で採用をするため、仕事の進め方などを自社流のやり方になじむように育成することができます。
新卒採用での意義は多くありますが、以上の2点に集約されると思います。

文責:小松弓恵

ご質問

お気軽にご質問をお寄せください。
※お送りいただいた全てのご質問を掲載するわけではございません。また質問内容を抜粋して掲載する場合がございます。 あらかじめご了承ください。

セミナーお問い合わせ

バックナンバー