続・人事部長からの質問

人事担当者の方からのご質問に対して当社役員、HRコンサルタントが交代で答えさせていただきます。

是非、ご質問、ご感想をお寄せ下さい。 なお、このQ&Aにおける回答は各回答者の個人的見解であり、当社の公式見解を示すものではありません。

2019/02/22 2609

工場内でのパワハラ問題に悩んでいます。機電生産系社員の配属先候補も多くないため異動させるにも限界があり、注意喚起に留まっているのが現状です。次に打つべき手段は何が考えられるでしょうか?

注意喚起しても改善されないとすれば、次はパワハラ元の社員の配置転換か降格しかないのではないでしょうか。機電生産系社員としては候補先が少ないとお書きですが、そもそもそこまでひどいパワハラであれば社員としての適格性も疑われます。

会社としてパワハラについての教育研修も実施しているのに改善されないとすれば、自分は貴重な機電生産系社員だから何をしても許されると勘違いしている可能性もあります。どの行為、発言がパワハラに当たるか説明し、再度パワハラ行為が確認された場合は、営業事務職や管理部門職などに異動させますとはっきり伝えてはいかがでしょう。

文責:奈良 学

2019/02/21 2608

なぜ採用場面では価値観やモチベーションではなく「パーソナリティ」に着目して選考を行っている企業が多いのでしょうか。次世代リーダーにはいくつかのモチベーション因子が必要である、という議論がある一方でなぜ採用場面はパーソナリティだけ見ている企業が多いのか疑問です。

モチベーションや価値観は入社直後から変動することが多いですが、パーソナリティは入社したからと言ってもなかなか変わらないからです。
変化しやすいものを入社前に測定するのは効率的とは言えません。知識的なものを採用試験に使う企業が少ないのもそういう理由です。

次世代リーダー云々の話はよく出ますが、「リーダーという資質を持った人は社会に出る前からずっとリーダーである」と考えています。資質のある人を採用しておけば業務の成果が出た人の中から適当に選んでも上手くいくでしょう。
資質のない人に自己変容を求めるから歪むと考えています。

文責:三條正樹

2019/02/20 2607

娘(中学生)に対する接し方で悩んでいます。性格によるとは思いますが、接する際に気をつけた方が良いポイントがもしあればご教示ください。

中学生の娘さんを持つお父さんからのご質問です。高校生の娘を持つ父親として私自身のご経験を申し上げます。

大人として接すること。無理に会話しようとせずに寛容に見守ること。叱る場合は冷静に説明し、父としての気持ちをできるだけ率直に伝えること。妻と仲良くして、娘に言いたいことを伝えてもらうこと。

以上です。

文責:清田 茂

2019/02/19 2606

接し方に悩む人がいる。仕事上どう付き合うのがよいか。本人からの依頼にもとづき対応をしている事でも、こちらからの内容確認に全くレスがないため、進捗がわからない本人からの依頼事を進めるために必要な手続き等にもレスがないため、期限切れとなって話が流れる言うことが180度かわる。やるといったことも、やっぱりやらないということが度々ある。

結論としては、こちらが悩む必要がないのではないでしょうか。このような人と、一緒に仕事していてはこちらのストレス、負担が増えるばかりです。上司なのか同僚なのか部下の後輩なのかここではわかりませんが、「今のあなたのやり方は無責任過ぎます。これ以上は一緒に仕事できません。」とはっきり伝えた方がよろしいのではないでしょうか。

はっきりと言えないのであれば、もう一人第三者にも仕事に絡んでもらい、その人と一緒に進捗状況の確認を取るようにしてはいかが。少しは気が軽くなるはずです。

文責:奈良 学

2019/02/18 2605

今まで年功序列での昇進昇格だったのを見直し、管理職に昇進昇格試験の導入を検討していますが、初めての試験導入ではどんな試験内容から始めるべきでしょうか

野球の打順で4番打者を決めるときに水泳の順位で決めるところはないでしょう。
まずは管理職に必要な能力を決めます。その能力の一部を試験(例えば処理能力やプレゼンテーション能力)で測定する必要がある場合に昇進昇格試験を行います。

業務中に能力を確認することは可能ですが、昇進元になる部門に能力を発揮できる環境がなければ顕在化した能力を確認することができません。そこで部署間の公平性を維持するため試験などを導入することになります。

まずは能力の洗い出しからです。

文責:三條正樹

ご質問

お気軽にご質問をお寄せください。
※お送りいただいた全てのご質問を掲載するわけではございません。また質問内容を抜粋して掲載する場合がございます。 あらかじめご了承ください。

バックナンバー