堀 博美のSHLグローバルニュース

このコーナーは、当社がライセンス契約を結んでいるSHL Global Management Ltd. がお客様に向けて発信している様々な情報を日本語に翻訳してご紹介するものです。主に広報誌やユーザー向けネット配信、HP、プレスリリースなどから記事をピックアップしています。海外の人事の現場でどんなことが話題になっているのか、人材マネジメントに関して海外企業はどんな取り組みをしているのかをお伝えすることで、皆さまのお役に立てればと願っております。

今回は新卒採用におけるテスト活用の事例です。

第262回 事例−キンバリークラーク:アセスメントで大きなコスト削減を実現

キンバリークラーク:会社概要

  • アメリカの日用品メーカー
  • “クリネックス”、“アンドレックス”(トイレットペーパー)、“ハギーズ”(紙おむつ)などのブランド商品をもつ
  • 従業員約56000人

伝説的なブランドを創造した会社には、80カ国以上で一位か二位のベストセラーである商品を創り出すことに貢献できる人々が必要です。能力開発部長であるリック・ウッドワード氏は、「競争力を保つためには単純にベストな人材を獲得しなければならない」と述べます。

リックによれば、採用の際、会社は「卓越性」「チームワーク」「独創的思考」という会社の価値観を共有する人々を求めます。求職倍率は当然、高いです。

ベストな人材を確保する鍵となる要素が心理測定アセスメントの活用です。「ベストな人々を採用するという我々の狙いを達成するために、アセスメントの活用が重要です。」(リック)

心理測定アセスメントは20年近くに渡り、会社の採用戦略において不可欠な部分でした。この間、同社は、オンライン採用アセスメントの世界的リーダーであるSHLグループと協力して進めてきました。

心理測定活用がとてもうまくいっているため、同社はヨーロッパ全体にその使用を拡大しています。特に、パーソナリティ検査OPQ32は、ヨーロッパのイギリスの大卒採用プログラムの重要部分になっています。

OPQは、職務要件や具体的な仕事環境と関連づけて、候補者の仕事ぶりや行動スタイルの像を描きます。「OPQは人々のパーソナリティを把握する手段を我々に与えてくれます。つまり、対象者について、履歴書や面接場面からは見極めることのできないようなことを知ることができるのです。」(リック)

リックは採用段階できちんとやることの重要性をわかっており、アセスメント結果が実を結んだケースを何度となく見てきました。事実、間違った大卒者を採用することのコストは37,000ポンドだと彼は見ています。会社にとって許容できないコストです。

キンバリークラークの大卒採用は非常にポピュラーで、通常、ヨーロッパ全体から多数の応募者があります。同社は結果の一貫性を保つことのできる多言語テストを使ってきました。受検者が自分の母国語で受けられるよう、現在、イタリア語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、英語5つの言語でアセスメントを実施しています。

オンラインで受検できるという点も大事でした。今では紙バージョンよりもオンラインのほうが選ばれており、大きなコスト削減につながっています。

能力テストについて同社はSHLビューローサービスを使って、オンラインのアセスメントプロセスを管理しています。アセスメントしたい候補者の名前とメールアドレスを、会社がSHL宛にメールで送ります。そしてSHLが候補者一人ひとりに、受検用のウェブサイトへのリンクをユニークなユーザー名とパスワードをつけて送ります。候補者が受検を完了したら、その結果が会社の担当者に送られます。

リックは次のように説明しています:「オンラインは会社としての我々に、明らかなコスト削減と同時に、より大きな柔軟性をもたらしてくれました。そして、受検者もいつテストを受けるかをよりコントロールできます。」

キンバリークラークはまた、すべての中途採用でもOPQを活用しています。管理職は全員OPQと能力検査の活用と実施のトレーニングを充分に受けています。

リックは、SHLとの関係や心理測定アセスメントの広い活用に自信を持っています。「SHLと協力することによって、我々は世界的に有名なブランドであり続けることができます。SHLが国を超えてのアセスメントを開拓してきたという事実もまた、グローバル企業である我々に重要なことです。

「最終的に、素晴らしい人々が違いを生むものであり、ベストな人材の採用と確保に役立つことすべてが、我々が我々のフィールドでリーダーであり続けることに役立つでしょう。」(リック)

(© SHL. Translated by the kind permission of SHL Group Ltd. All rights reserved)

訳者コメント

SHLのOPQと能力テストは世界中の企業で活用されています。

(文責:堀 博美)

バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

学会発表論文