堀 博美のSHLグローバルニュース

このコーナーは、イギリスのSHLグループがお客様に向けて発信している様々な情報を日本語に翻訳してご紹介するものです。主にグループの広報誌やユーザー向けネット配信、HPプレスリリースなどから記事をピックアップしています。海外の人事の現場でどんなことが話題になっているのか、人材マネジメントに関して海外企業はどんな取り組みをしているのかをお伝えすることで、皆さまのお役に立てればと願っております。

今回はスイス・リー(スイス再保険会社)の大卒採用事例をご紹介します。

第119回 事例:スイス・リー

20以上の国々で操業し、全ての大陸に進出しているスイス・リーはグローバルな世界有数の再保険会社です。損害保険と生命保険の再保険ポートフォリオ、保険ベースの法人財務ソリューションやリスク管理サービスを提供しています。

同社は革新的で優秀であるという評価を受けていますが、その核心にあるのが相互尊重によって形成された、誰でも受け入れようとする組織風土です。適切なスキルや能力、多様性をもつ人材を公平に見極めて能力開発することが、同社がホールセール再保険業界のリーディング・カンパニーになることに寄与しています。

課題

今日の多くの企業と同じように、スイス・リーのトップ人材の主なソースは大学新卒者です。特に競争の激しいマーケットにおいては、効果的な大卒採用プログラムに投資することが第一優先です。適切な大卒者を採用することの見返りは大きく、また、間違った選択をすることのコストもそうです。米国労働省はビジネスの失敗の30%は雇用意思決定のまずさによると試算しています。

スイス・リーはローカルで様々な大卒採用策をとってきましたが、よりグローバルなアプローチをとることを決めました。そのほうが費用対効果が高く、また、会社が今後求める重要特徴を持った人材を一貫して採用できると考えたからです。

サラ・グロスバウアー氏(グローバル大卒採用担当マネジャー)は、これまでのばらばらなやり方から多くの課題が生まれたと言います。『ローカルのプログラムによって採用の基準が異なります。統一されていないことで、多大な人事リソースを割りあてなければなりませんし、候補者たちが必要な特性を持っているという保証もできません。グローバル会社として、我々の成功に最も重要なコンピテンシーを持つ人々を一貫して採用することが重要なのです。』

新しいグローバル大卒採用プログラムのために、必要なコンピテンシー定義し、それらを公平、正確かつ客観的にテストすることを支援するパートナーとして、スイス・リーはSHLを選びました。両社の関係は長く、SHLはこれまでもスイス・リーの多くのアセスメント・プロジェクトに関わってきました。

サラによれば、同社が今回SHLを選んだ最大の理由は、SHLのグローバル展開と幅広い専門性です。『SHLの国際的な体制は非常に重要でした。さらに各国でしっかりした存在感を示しています。また、SHLはオンラインテスティングと対面アセスメントの両方でのべストプラクティスに多くの経験を持っています。それも重要基準でした。』

解決策

スイス・リーの人事部は社内調査や顧客ヒアリングを実施して重要グローバルコンピテンシーを明らかにし、SHLと協力してそれらを大卒応募者に求める最重要特徴にまとめました。

『分析スキルが最も重要であることがわかりました。それをアセスメントセンターで測定することは、応募者の数の上からだけでも難しく、かつかなりのリソースが必要です。SHLのオンラインテストは非常に理に適っています。候補者は世界中どこからでも応募できます。』(サラ)

興味を持った候補者はスイス再保険会社のキャリア・ウェブサイトに導かれ、そこで知的能力検査Verifyの計数テストと言語テストに回答するよう求められます。『我々自身のウェブページからテストを実施でき、かつそれが我々のSAP会社ソフトウェアにうまく統合されているのがうれしい点です。』(サラ)

受検が終わると、候補者の得点が採用マネジャーに送られます。面接後、ベストな候補者がスイス・リーの国際アセスメントセンターに招かれ、シミュレーション演習が実施されます。

アセスメントセンターはSHLが設計したものですが、このやり方によって非常に扱いやすくなったとサラは言います。『不適切な候補者の多くがすでに前もってプロセスから外されています。テストを受検するまでの意欲のない人もいれば、単純にスキル要件を満たしていない人もいました。』

メリット

グローバル大卒採用は成功し、いくつかの国では大卒者以外の採用にも拡張されました。SHLはまた、求める要件の進化に合わせてアセスメントセンターに新しい演習を加えることもお手伝いしました。

プログラムの成功はある部分、配属先マネジャーが新人のパフォーマンスをどう評価したかによって測定されますが、フィードバックは非常に肯定的であったとサラは言います。『我々は今や、プログラムやビジネスに最も関連することがわかっているコンピテンシーに従って選抜することができます。SHLのソリューションを使うことが候補者の質を大きく改善し、かつ、面接前に応募者の30%をカットできたことで我々の生産性は上がりました。』

サラは、SHLと同社の強い関係が採用プロセスの成功の根本にあると考えます。『我々はSHLツールやコンサルタンシーの質に非常に感銘を受けています。同じくらい重要なことは、SHLがプロジェクトの間ずっと我々の目標にぴったり寄り添い、熱心に支援してくれたことです。我々はSHLのサービスに大変満足しています。』

(© SHL. Translated by the kind permission of SHL Group Ltd. All rights reserved)

訳者コメント

スイス・リーはSHL オン・デマンド・アセスメント・システム(SODA)の知的能力テストを活用しています。テストは30以上の言語で実施し、かつ、報告書を出力することができます。グローバル採用における有力なツールです。

文責:堀 博美

バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年