堀 博美のSHLグローバルニュース

このコーナーは、当社がライセンス契約を結んでいるSHL Group Ltd. がお客様に向けて発信している様々な情報を日本語に翻訳してご紹介するものです。主にユーザー向けネット配信、HP、プレスリリースなどから記事をピックアップしています。海外の人事の現場でどんなことが話題になっているのか、人材マネジメントに関して海外企業はどんな取り組みをしているのかをお伝えすることで、皆さまのお役に立てればと願っております。

今回はSHLグループHPに掲載されている事例をご紹介します。

第279回 ケルヒャー

ケルヒャーは、より良い、より公平な人事決定を行う必要性に直面していました。人事プロセスをグローバルに標準化して質の高い採用と能力開発の成果を確保しようと、SHLタレントアセスメントを活用しています。

ケルヒャー

  • クリーニング技術の世界的なリーダー
  • 従業員数−11,000
  • 拠点数−100
  • 60ヵ国で操業
  • 50,000以上のサービスセンターが世界中の顧客にノンストップでサポートを提供

課題

  • 採用と能力開発のプログラムで質の高い成果を確保すること
  • 世界中の人材をより効率的にマネジメントすること

結果

  • グローバルで比較可能な人材マネジメントのフレームワーク
  • すべての地域に渡って一貫した、正当な採用選抜プロセス
  • より正確で効率的な、国際的な人事決定

ケルヒャーは年間売上21.2億ユーロを達成しました。創業以来最高の値です。これは会社が中堅企業からグローバル企業へと継続的に変容していることを示す最新の出来事です。そして、売上が成長し続けていることと並行して、ベストな人材を採用して能力開発することの必要性も増しています。

「ケルヒャーには社員研修や管理職研修に関して、トレーニングに費やす日数だけでなく、高い成果を期待するという、昔からの伝統があります。」(Carmen Kiesele, 人事スペシャリスト兼プロジェクトマネジャー)

彼女は次のように説明しています。「今の人事選抜と能力開発の質を保ちながらも、より効率的にグローバルに人材を管理できるような、適切な人事アセスメント・ソリューションを我々は求めていました。国内外で、誰を採用して誰を能力開発すべきかについての、客観的で公平で情報に基づいた意思決定を下すことができるようになる必要があったのです。我々が活用するアセスメントは、科学的に頑健で、かつできるだけ多くの言語でオンラインで利用でき、国内の比較グループとインターナショナルな比較グループでバックアップされたものでなければなりませんでした。」

適切な人事マネジメント・ソリューションを探す中、ケルヒャーはすぐSHLタレントアセスメントを意識しました。「OPQパーソナリティ検査などの提供されているオンラインソリューションが決め手でした。セットアップが容易かつ効率的で、バイアスや結果捏造のリスクが最小限に抑えられています。」(Keisele)

ケルヒャーはまた、ソリューションが容易にグローバルに適用できると考えました。「国際的に適用できるソリューションを、という我々のニーズには、様々な言語,ノルムグループが利用できることで対応できます。我々の世界中の人材マネジメントが標準化されたプロフェッショナルなものになるのです。」

新しいプロセスが導入される前、採用や能力開発の場面でアセスメント結果を適切に解釈して質の高いフィードバックができるよう、全地域の人事マネジャーがSHLトレーナーによるトレーニングを受けました。

また、カスタマイズされたOPQリポートが作成されました。リポートでは、ケルヒャーのコンピテンシーモデルに照らしての受検者の強み・弱みと、人事面談での質問項目が表示されます。それによって、世界中の人事担当者が、ケルヒャーの会社風土に対する応募者や社員の「適合度」を判断でき、より正確で情報に基づいた人事決定が可能になります。

現在、ケルヒャーはSHLタレントアセスメントを、48ヵ国、20の言語で、個人やチームの能力開発、そして、現在と将来のパフォーマンス予測のツールとして活用しています。

「様々な国の多数の人事マネジャーから、アセスメントについて非常に良いフィードバックをもらっています。結果が我々のコンピテンシーモデルに照らして提示されるようカスタマイズしたことによって、SHLツールが我々の会社の言葉に置き換えられ、人材に関する我々の疑問に具体的な答えを提供できるようになりました。」(Kiesele)

彼女は続けます。「このソリューションを国際的な背景に適用することによって、我々は、標準化されたプロフェッショナルな人事プロセスでもって、質の基準をグローバルに達成できます。採用と能力開発の両方で人材を比較できるので、我々は国をまたいで最も適した候補者でポジションを埋めることができます。グローバルとローカルの成長戦略における重要なステップです。」

(© SHL. Translated by the kind permission of SHL Group Ltd. All rights reserved)

訳者コメント

パーソナリティ検査OPQがグローバルで活用されている事例です。報告書をカスタマイズして、自社コンピテンシーに関連させた結果が出ることのメリットは大きいです。

原文はこちら( https://www.shl.com/en/customers/success-stories/karcher/ )からご覧いただけます。

(文責:堀 博美)

バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

学会発表論文