堀 博美のSHLグローバルニュース

このコーナーは、イギリスのSHLグループがお客様に向けて発信している様々な情報を日本語に翻訳してご紹介するものです。主にグループの広報誌やユーザー向けネット配信、HPプレスリリースなどから記事をピックアップしています。海外の人事の現場でどんなことが話題になっているのか、人材マネジメントに関して海外企業はどんな取り組みをしているのかをお伝えすることで、皆さまのお役に立てればと願っております。

3回に分けてお送りしている『グローバル・リーダーシップ』に関するエグゼキュティブ・リポート、今回がその最終回です。パイプライン構築のためのステップ4つめと、まとめのページをご紹介します。

第138回 CEBリポート:グローバル・リーダーシップ・パイプラインの強化(3/3)

4 サポートのためのグローバル・ピア・ネットワークを構築する

グローバル・リーダーとして成功するために、労働時間を増やす必要はありません。そうではなく、働き方を変える必要があります。優れたグローバル・リーダーとそうでないグローバル・リーダーの労働時間はほぼ同じ、週約60時間です。ただ、優れたグローバル・リーダーは、「顧客」と「同僚」という2つの重要グループとのネットワーキングにより多くの時間を費やします。顧客と接する時間を多くすることで、リーダーは重要なマーケット情報を収集できます。同僚とのネットワーキングについて、優れたグローバル・リーダーは違う戦術を取ります。つまり、自分の中核マーケットの外にいる同僚に焦点を当てます。課題はマーケットによってそれぞれ異なります。しかし、グローバル同僚から学んだことは、リーダーにとって貴重な情報です。たとえば、会社戦略をローカルの現実にどう落とし込むか、他マーケットで成功したアイデアややり方をどう導入するか、などです。

同僚とのネットワーキングにメリットがあることをほとんどのリーダーはわかっていますが、会社の支援がなければ、効果的なグローバル・ネットワークの構築は大変です。前任者が築いた価値の高い関係にアクセスできない、自分が学ぶことのできるスキルや経験を持ったマーケット・リーダーがわからない、自分の中核チームの外にいる人とやり取りする時間がない、などリーダーは報告しています。このような知識移転のまずさは生産性を大きく損ないます。この問題に対処し、生産性を向上させ、グローバル・ネットワークの構築を支援するために、会社は以下のステップを取るべきです。

  • リーダーがグローバル同僚と出会い、自分たちのマネジメントの問題や解決策を比較することができるような、マーケットを越えたリーダーシップ・セッションを立ち上げる。
  • 異なるマーケットのリーダーが互いにつながり、地域を越えてアイデアや情報を発展させていけるような、情報共有プラットフォームを構築する。
  • グローバル・リーダー間の関係を強化し、重要なビジネス経験を加速できるような、会社全体にわたるプロジェクトを創りだす。
  • グローバル・リーダーの引継ぎプランに「ネットワークの引継ぎ」を含め、リーダーが交代しても重要な関係やサポートが途切れないようにする。

まとめ

大多数の企業が新興市場の成長に踏み出すよう戦略を切り替えています。この動きには、あいまいで非常に複雑な状況に対処できるグローバル・ビジネス・リーダーたちが必要です。残念なことに、現在、グローバル職でうまくやれるリーダーは5人に1人以下です。グローバル・リーダーとしてのこの成功率を高めるため、企業はリーダーシップへの取り組みを一新しなければなりません。キャリア・アップとしてのグローバル職の再設計、負担を減らすような職務調整、ハイリスクで種類の異なるストレッチ職を通しての影響力開発、リーダーのネットワークの幅を広げること、以上の4点です。これら抜本的な変革を行うことによって、企業は成功するグローバル・リーダーの数を倍以上に増やすことができるでしょう。

(© SHL. Translated by the kind permission of SHL Group Ltd. All rights reserved)

訳者コメント

3回にわたりリポートの全内容をお伝えしました。

私は仕事柄、「グローバル人材」というとまず本人の資質や適性のほうに目が行ってしまいます。しかし、このリポートで提言されている4点(職務の位置づけ、勤務形態、ストレッチ役割、ピアネットワーク)のように、それらの人材をサポートするために企業側ができる施策や工夫がまだまだあることはあらためての気づきでした。グローバル・リーダーへの要請は日本だけの問題ではないのですね。

なお、本リポート原本(Strengthening the Global Leadership Pipeline)は以下のURLからダウンロードできます。ご興味のある方はぜひご覧ください。
http://www.shl.com/shl-is-ceb/insight/leadership/

文責:堀 博美

バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年