堀 博美のSHLグローバルニュース

このコーナーは、当社がライセンス契約を結んでいるCEB SHL Talent Measurementがお客様に向けて発信している様々な情報を日本語に翻訳してご紹介するものです。主に広報誌やユーザー向けネット配信、HP、プレスリリースなどから記事をピックアップしています。海外の人事の現場でどんなことが話題になっているのか、人材マネジメントに関して海外企業はどんな取り組みをしているのかをお伝えすることで、皆さまのお役に立てればと願っております。

今回はCEBのプレスリリース記事をご紹介します。

第238回 グローバル労働市場は雇用される側に有利

人材を保持するため、企業は従業員のニーズに対処しなければなりません。

CEBによれば、これまでにないほど、従業員は労働市場で自分が優位に立っていると感じており、ビジネス環境ならびに新しい仕事を得る自分の能力に自信を持っています。CEBグローバル・タレント・モニター調査の新データでは、経済環境が良くなると答えた従業員がグローバルで53.8%に達しました。2014年第1四半期以降の最高値です。また、仕事獲得への肯定的な見方はグローバルで1.2%増えました。実際、ヨーロッパの従業員については2017年第2四半期が過去6年間の最高値です。

従業員は現在の労働環境で自分が新しい仕事を確保できると信じていますが、そのことがすなわち、世界で求職活動が活発化している、と言うわけではありません。総じて彼らは現在の仕事でより一生懸命働き、より長く定着しています。周囲の期待以上の自発的な努力をしていると答えた人は、アジアを除く全地域で増加しています(アジアは横ばい)。同様に、今の会社にとどまる意志を示した人も増えています。特に北アメリカでは約4.5%増えました。

従業員は今の会社にとどまって一層熱心に働こうとしていますが、彼らは完全に満足しているわけではありません。企業は、これまで以上に職場における「尊重」に焦点を当て、従業員に公平かつ敬意を持って接するようにしなければなりません。事実、「尊重」は、応募者が会社を評価する際に考慮する特徴リストの上位に挙がってきており、現在トップ5のひとつになっています。

「従業員は、敬意を持って扱われることをますます重要視するようになっています。今では従業員の約3分の1が、会社を検討する時に尊重について考えます。」と、ブライアン・クロップ(CEB社HRプラクティス・リーダー)は言います。「従業員は、自分や自分の同僚たちが会社にどう扱われるかを知りたいと思っています。この非常にタイトな労働市場、つまり、従業員が自分が主導権を握っていると感じていることを考えると、彼らは、職場で自分が見下されていると感じたら、新しい仕事を探すでしょう。」

尊重への関心の高まりに加え、昇給に関する従業員の期待も2018年に向けて変化しています。この数年で初めて、大きく増えました。グローバルで年間昇給額予想は前年と比べて1%増えました。昨年同時期、従業員は年間で3%増えると予想していましたが、現在、2018年に4%増えると予想しています。

従業員が自分が優位にあると感じている労働市場において、企業は自社スタッフのニーズに対応し、コストのかかる人員減を避けて優秀な人材を保持するために、鍵となるいくつかのアクションをとらなければなりません。

従業員が尊重を望むことに対して、企業は:

  1. 組織の価値基準や指針を見て、そこに「従業員の尊重」が含まれているようにする。
  2. 労働市場が変化して従業員が優位になっており、「尊重」が彼らの考える上位のひとつになっていることを、管理職に伝える。管理職が候補者やメンバーへの配慮を実践するようにする。
  3. システムやプロセスを見直し、敬意を持って扱ってほしいという従業員の望みを破るようなものがないかどうか判断する。

年間レビューの時に不愉快な経験を避けるため、企業は:

  1. 現在の昇給をベンチマークし、企業として従業員の期待に沿っているかどうかを見る。
  2. 従業員の期待を満たしそうにない場合、リーダーは昇級用の予算を増やすかどうかを判断する、もしくは、期待に満たない低い昇給率について従業員にどう説明するかを決める必要がある。

グローバル・タレント・モニター調査データは、より大きなCEBグローバル労働市場調査の一部です。40ヶ国2万2000人以上の従業員に対して実施されました。この調査は四半期ごとに実施されており、発表の前の四半期の市場状況を反映しています。詳細については、www.cebglobal.com/talentmonitor をご覧いただき、世界各国の人材データを比較してください。

(© SHL. Translated by the kind permission of SHL Group Ltd. All rights reserved)

訳者コメント

グローバルな労働市場に関するCEB調査結果からの報告でした。ご興味を持たれた方はぜひ文中URLをクリックして詳細データをご確認ください。御社の人事施策検討の参考になる材料があれば幸いです。

(文責:堀 博美)

バックナンバー

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

学会発表論文