堀 博美のSHLグローバルニュース

このコーナーは、当社がライセンス契約を結んでいるSHL Group Ltd. がお客様に向けて発信している様々な情報を日本語に翻訳してご紹介するものです。主にグループHPのプレスリリースやブログなどから記事をピックアップしています。海外の人事の現場でどんなことが話題になっているのか、人材マネジメントに関して海外企業はどんな取り組みをしているのかをお伝えすることで、皆さまのお役に立てればと願っております。

今回はSHLグループのプレスリリース記事をお伝えします。

第293回 SHLがKenexaタレント・アセスメントについてIBMとパートナーに

SHLの革新的なタレント・セントラル・プラットフォームでKenexa(ケネクサ)のテスト内容が実施できるようになります。

【ニューヨーク/2020年1月9日/PRNewswire】
タレント・イノベーションにおけるグローバルリーダーであるSHLは本日、世界中のビジネスに先進的な人事アセスメントを提供するために、IBMとパートナーを組むことを発表しました。

長期に渡る関係の延長で、SHLとIBMは提携して、Kenexaアセスメントの顧客に移行の道を提供します。SHLは、その革新的なタレント・セントラル・プラットフォームを通して、SHLのタレント・アセスメント・ポートフォリオ全体に加え、IBM Kenexaアセスメントのテストマテリアルを提供するようになります。

『IBM Kenexaアセスメントのお客様に継続性を提供できるだけでなく、彼らにエンド・ツー・エンドの一揃いのアセスメントと実用的なピープル・インサイトを提供できる機会を得られることを喜んでいます。』(アンディ・ブラッドショー SHL CEO)

『タレント・アセスメントの革新的ポートフォリオを持つ会社であるSHLとパートナーを組むことを、IBMはうれしく思っています。』(トレーシー・ウィーバー Vice President, Cognitive Applications, IBM)

この発表は、SHLがAspiring Minds社を買収してそのアセスメント・ポートフォリオの幅を広げ、人工知能の能力を著しく強化した直後になされました。SHLは途切れのない革新を推進する追加投資を計画しており、より正確で効率的で予測力の高い人事決定を推進する比類なきソリューションを提供していきます。

(© SHL. Translated by the kind permission of SHL Group Ltd. All rights reserved)

訳者コメント

原文はこちらです。
https://www.shl.com/en/newsroom/press-releases/shl-partners-with-ibm-for-kenexa-talent-assessments/

Kenexaは採用/人事管理ソリューションの分野で大きな実績を持つ会社で、2012年にIBMによって買収され、IBM Kenexaとして生まれ変わりました。AIを駆使し、蓄積された膨大なデータと産業心理学の知見を基に、人材の客観的評価を可能にすると謳っています。

筆者の知る限り、日本での知名度はさほどメジャーではありませんが、タレント・マネジメント・システムとして、アメリカの有名企業の多くがIBM Kenexaを導入しているようです。

このパートナー提携によって具体的にどんなことが可能になるのか、残念ながら詳細はこれからです。もし皆様の中で現在Kenexaをお使いの方がいらっしゃいましたら、今後についてぜひ私たちにお声掛けください。

(文責:堀 博美)

バックナンバー

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

学会発表論文